ホームへ
のサービスとは?
恵愛ホーム
利用者一人ひとりにより良いサービスが提供できるよう皆で努めています

「利用者とともに寄り添い、利用者一人ひとりの生活やニーズにあわせた利用者中心の
ケア」ができるよう努めています。
 例) 1対1の利用者担当制、自ら好きなことのできるレクリエーション支援、複数の喫茶
    コーナー設置、等各種委員会を設置し、サービス向上を目指しています。 
 

利用案内

ウェブ アニメーター
在宅支援と在宅復帰支援を強化しています

「在宅支援」「在宅復帰支援」を強化できるよう、体制を整備しています。
 例) プロジェクト推進・・・中期入所(ミドルスティ)の整備・ショートスティベッドの一定数
確保・ニーズによる入所順位コントロール、通所リハビリテーション予備登録制度、他事業所
との連携複合支援、地域との連携実施、訪問リハビリテーションの実施等。 
サービスとは?
サービス内容
施設レイアウト
パンフレット
利用料金

Copyright(C) 2004-2017 KOUWAKAIHOME. All Right Reserved.

施設長(医師)による毎日の回診、薬剤処方・処置・検査・他科受診等の実施をしています。
わずかな体調変化を見逃さないよう、皆で連携し、利用者とのふれあいに努めています。
褥瘡ゼロを果たし、在宅生活にて褥瘡が発生してしまった場合でも、入所中に改善できる
よう努めています。
感染予防委員会・勉強会・予防マニュアルを通して安心して生活できるよう支援しています。
万が一入院治療が必要になった場合には、その病気の専門医がいる病院で治療できる
ように複数の病院と密接な連携体制をとっています。  

適切な医療や看護を提供し、利用者の健康管理に努めています
リハビリテーションの充実に努めています

個別リハビリテーション、毎日の障害別集団リハビリテーション、離床支援、排泄や食事など
各ADLケアを通したリハビリテーション等を個々のニーズに合わせて提供しています。
恵愛ホームにリハビリ専門職員5名(PT4名、OT1名)を配置し、あらゆるニーズに対応でき
るように努めています。 
職員の教育や研修に努めています

各種研修報告や接遇改善勉強会など、月1~2回の学習会を実施し、日々の業務に繁栄
できるようフォローアップに努めています。
介護福祉士や介護支援専門員など、資格取得に向けて支援しています。
各種会議や研修会、学会参加を積極的に進め、学会発表等も施設全体で支援しています。